私の愛した単語帳、不可能を可能にする最強のアイテム(英検、共通テスト対策)

前回、英単語の覚え方についてお話ししましたが、かなりの反響をいただきました。

しかし「英単語の覚え方」は理解できたけど、書店に行ったら単語帳の種類が多くて、決められなかったという意見も多く聞きました。

そこで今回の記事では、私がオススメ単語帳について目的別にお話しします。

参考:語彙力があれば何でもできる、英単語を1日300個覚える秘密の方法とは

1. ハズレの単語帳はない

現在、どの単語帳を使っても失敗することはないと言い切れます。

つまり、ハズレがありません。

単語帳のレベルが、一昔前に比べてかなり向上したからです。

どの単語帳も頻出単語をしっかり並べていますし、覚えやすいような工夫がなされています。

つくづく、この時代に生まれたかったと思います。昔は、粗悪な単語帳が多かったですから。

先日、塾生さんの「システム英単語」にざっと目を通しましたが、その完成度の高さに改めて驚かされました。

現代の単語帳はどれも素晴らしいものばかりです。

2. 高校生は学校推薦の単語帳がベスト

高校生以上の生徒さんは、学校で使用する単語帳を使うのがベストです。

学校の課題テストと並行して覚えられるので、無用な労力を使う必要がありません。

またほとんどの高校では「システム英単語」か「DataBase4500」を推薦していますが、長きに渡って日本中の受験生に使われてきた単語帳なので、その完成度は折り紙付きです。

「DataBase4500」は、やや使いにくい箇所もありますが、それでも共通テストまでに全ての英単語を覚えてしまえば、問題はありません。

3. アカデミーが推薦する単語帳

当アカデミーには、中学生や小学生のお子さんもいますので、受験する用途に合った単語帳をオススメしています。

私は、英検準2級以上を受験される生徒さんには、単語帳を使って、英単語を効率的に覚えるレッスンを行っています。

今から、私がオススメする単語帳を紹介させていただきます。

オススメの単語帳を使えば、効果は2倍

4. 英検の単語帳

① 鉄板のパス単

以前の記事でもお話ししましたが、英検の試験問題を作成しているのは、旺文社です。

パス単は、その旺文社がリリースする単語帳なので、間違いがありません。

何と言っても、試験を作成している人物が単語帳を作成しているのですから、これほど信頼できるものはないでしょう。

実際、このパス単を見ながら問題を作成しているのではないかと思えるくらい、よく出題されます。

私も、こちらのパス単をずっと塾生さんに使わせるつもりでいました。

「あの単語帳」の存在を知るまでは・・・

参考:英検と旺文社の不思議な関係

鉄板のパス単

② 最強の単語帳、キクタン

あの単語帳とは、「キクタン」のことです。

「この単語帳には、何かがある」最初に見た瞬間から、そう思わせる“何か”を持った単語帳でした。

その最大の特徴は、音楽に合わせて覚えるリトミング効果を使って単語を覚えやすいものにしたことです。

人間の脳を知り尽くした単語帳、それがキクタンだと言って良いでしょう。

そもそも、単語帳としての完成度が極めて高いです。

・掲載されている単語の頻出度の高さ、見やすさと覚えやすさを両立した仕上がり

・全ての単語には例文が付いており、その全てが洗練されたフレーズ

・音楽に乗って、単語を覚えることのできる画期的な工夫

単語帳としての完成度に関して言えば、現時点で最強の単語帳は、こちらのキクタンだと思います。

唯一の欠点は、都城ではあまり人気がないことです。

地方都市に行けば行くほど、キクタンよりもパス単を使用する傾向が高いと感じています。

地方が保守的だとは言いませんが、一度使ってみれば、その良さが分かると思います。

私はこちらのキクタン推しですが、パス単でないと落ち着かないという塾生さんもいますので、ここからは好みの問題です。

パス単が悪いと言っているわけではありません。キクタンが素晴らしすぎるのです。

③ キクタンのリトミング・メソッドは、何が凄いのか?

皆さんに質問です。

「ある日、森の中、〇〇さんに、出会った」

〇〇の中は何でしょう。そうです、クマさんです(笑)

このように音楽と一緒に「歌詞」として覚えると、人間の脳はすぐに記憶してしまう特性があります。

「英単語とその日本語訳」こちらを歌詞にして覚えてしまおうというのが、キクタンのリトミング・メソッドです。

これは凄いメソッドで、CDの音楽を一日7分聞くだけで、英単語を覚えてしまいます。

もちろん今はスマホで持ち歩くこともできるので、いつでもどこでも聞くことができます、しかも英単語を覚えながら。

これは、大きな努力をせずに英単語を記憶することができる、暗記学習の理想郷に到達していると、断言できます。

あなたは「森のクマさん」の歌詞を覚えるのに、努力しましたか?(笑)

だから私はキクタンを「現時点で最強の単語帳」と呼んでいるのです。

革新のキクタン

5. 共通テストの単語帳

① 鉄板の「システム英単語」

こちらに関しては、何もコメントすることはありません。

共通テストを目指す高校生にとって、鉄板中の鉄板「シス単」です。

学校によっては「DataBase4500」を使用している生徒さんもいますが、そちらでも結構です。

DB4500は、やや使いにくいのが難点ですが、それほど大きな問題ではありません。

もはや全国標準のシス単

② 直前の「共通テスト英単語1800」

東進ブックスからリリースされている「共通テスト対応英単語1800」は高3の夏以降、直前対策に威力を発揮します。

共通テストのカバー率99.5%という実績は伊達ではなく、よく出題される単語が網羅されている印象を受けます。

しかも英単語が出る順に配置されており、それが6段階に分かれているので、「今週はここまで」と区切りながら覚えることができ、受験生の脳にも優しい作りになっています。

直前のチェックも兼ねて、忘れていた英単語を覚え直していく作業を行えば、語彙力は完璧なものになります。

スタンダードのシス単と、直前の1800」。使い分けるとすれば、最初の2年半はシス単で、ラストの半年は1800が理想です。

直前の1800

6. 番外・TOEICの単語帳

① 史上最高の単語帳「金のフレーズ」

TOEICなら、これ一択です。

TOEICは「ビジネス英語」なので、出題される単語もやや特殊なものが多いです。

それを一分の隙もなく網羅した単語帳。そこそれが「金フレ」です。

この単語帳が出版されてから、TOEIC対策の歴史が変わったと言っても過言ではありません。

それほどのインパクトを業界に与えた名著です。

ちなみに長男も金フレを使用していますが、「これしか勝たん」と言ってます(笑)

歴史を変えた金フレ

7. まとめ

私の推薦する、英単語帳ランキングはいかがだったでしょうか?

独断と偏見による選択だったかもしれませんが、それほど世間との評判に違いはないと感じています。

そもそも、どの単語帳を使ってもハズレはないので、後は好みの問題です。

ただ、しつこいかもしれませんが、キクタンは私の一推しですので、一度手に取ってみて下さい。

やれば分かります。この単語帳の持つ、本当の良さが。

関連記事

  1. 都城の英語教室・英語塾、その良さや魅力とは何かを考察してみた

  2. 【神回】高校英語のベーシック、五文型ってホントに必要なの?

  3. 【続編】原点にして頂点「過去問」は何が凄いのか、その知られざる使い方と…

  4. 【英検外伝】英検と旺文社の不思議な関係、なぜ英検に関する書籍のほとんど…

  5. 英検2級の難化傾向に高校生が苦しんでいる件とそのライティング対策につい…

  6. 【初公開】最強の暗記術、暗記教科をカンタンに克服する知られざる方法とは…