【英語脳の作り方】英語の成績が急上昇する中高生に見られる、ある特徴とは?

英語脳」という言葉があります

英語脳になると、英文をスラスラ読むことができ、リスニングの聞き取りもカンタンになると言われています。

また、英語の成績が急上昇したという報告も多数あります。

それは本当なのか。また、英語脳とは一体何なのか?

今回は「英語脳の真実」についてお話しします。

1. 英語脳の作り方① 海外生活が教えてくれた真実

英語脳になるまで

私は家族で数年間、海外で暮らした経験があります。

日本人学校がなかったため、2人の子どもは現地の学校に入学しました。

そんな生活を送っていたため、私は英語脳が何であるか、身に染みて分かっているつもりです。

説明するまでもなく、海外で生活すると脳は英語化していきます。

読み書きも聞き取りも全てが英語ですから、当然そうなります。

では英語脳と日本語脳とは、何がどう違うのか?

その答えは「順番」にあると考えています。

2. 英語脳の作り方② 英語と日本語、その「順番」の違いとは

英語脳への切り替え

主語と述語という言葉があります。要するに、誰が何をするかです。

主語が誰であるか、述語が何をするかを示します。

日本語は英語と違って、述語が一番最後に来ます。

この述語の場所は、文の構成を大きく変化させ、それが脳に与える影響はかなり大きいのです。

英語に長時間触れると、英語脳になっていきます。

私が「順番」と行ったのは、英語の「語順」のことです。

英語の語順に脳が慣れていけば、上から順番に、英語の語順のまま、内容を一直線に理解することができるのです。

この語順の違いに違和感なく対応できることが「英語脳」の正体だと考えています。

英語脳の正体、それは「語順」を制すること

3. 英語脳の作り方③ 中学生英語の「返り読み」が混乱の原因

英語脳の感覚を身に付けるには?

多くの日本人は、英文を日本語の文法で読もうとします。

つまり、英文を行ったり来たりの「返り読み」するのです。

日本人が英語を苦手とするのは、この返り読みに、その原因があると言われています。

頭の中で順番がメチャクチャになり、混乱するのです。

しかし英語脳になれば、返り読みをしなくなります。

英文を頭からスラスラ読めるようになるので、英文を読む力と速度が劇的に向上するのです。

同時にリスニングの力も付きます。なぜならば、リスニングとは「耳で聞くリーディング」だからです。

英語脳には、これだけのメリットがあります。やらない手はありません。

参考:返り読みとは?(30秒動画)

4. 英語脳の作り方④ 高校生や中学生に効果的な方法

英語脳を鍛える方法

英語脳を定着させるため、優れた訓練法があります。

スーパーエルマー」と呼ばれる、リーディングのメソッドです。

一昔前は「SIM同時通訳方式」と呼ばれていた、英文読解法です。

この方法は、現時点で最強の英文読解メソッドだと言えます。

特許も取得しており、上智大学や慶応大学の英文科も採用している優れた方法です。

こちらの教材で訓練をすれば、英文を語順のまま、上から一直線に読むことができるようになります。

しかし、かなり高価で5万円近くするのが難点です!

参考:SIM同時通訳方式サイト

5. まとめ

英語脳の作り方、イングラムが取り組んでいること

イングラムでは、この「スーパーエルマー」のリーディングメソッドを、塾生の皆さんに伝授しています。

現時点で、最強のメソッドであると私自身が感じているからです。

最高の知識を伝え、定着するまで継続する

これがイングラムのモットーですので、塾生さんには全員、この方法で英文を読む訓練を行っているのです。

全員が「英語脳」を手にでき、比較的速く英語に馴染んでいきます。

塾生さんが英検にスムーズに合格するのは、このような背景があるのです。

学問に王道はありませんが、英語脳に近道はある。

私は、そう断言します。

関連記事

  1. 共通テストの英語リーディングが難化! 高校英語はなぜ、ここまで難しくな…

  2. 【英検S-CBTとは】コロナ禍が英検に与えた、オンライン化の変革とは・…

  3. 英単語を1日で300個覚える秘密の暗記術とは、最速で語彙を増やす秘密の…

  4. なぜ、小学生クラスが使用する英語の教科書は、10年落ちのNew Hor…

  5. 早期英語教育のメリット・デメリット、英語は何歳から始めるべきか?

  6. 子どもの“英語嫌い”が加速する本当の理由、国際化やグローバル化という言…