外国人の話す英語を聞き取る、無敵のリスニング習得法

日本人はどうして英語を聞き取ることが苦手なのしょう?

これは日本の英語教育にとって「永遠のテーマ」と言われています。

今回はこの理由を、海外で子育てをした筆者が解き明かします。

1. 全ての鍵は「発音」のレッスンが握っている

日本人が英語の聞き取りを苦手とする理由の一つに「発音の訓練をしていない」というものがあります。

これはかなり的を得た指摘であると、私は考えています。

その理由を話す前に、 ABCを「エービーシー」と 発音するのは、日本人だけだという事実を知っていましたか?

英語圏の人々は 、ABC をそれぞれ「ア・ブ・ク」と発音します。

他の国々でも、英語の発音を学ぶ際、ABCは「ア・ブ・ク」と教えられます。

私たちが普通に言う、エービーシーは「表の発音:アルファベット」と呼ばれるもので、ア・ブ・クは「裏の発音:フォニックス」と呼ばれるものです。

実は、英語の発音で大切なのは、この裏の発音「フォニックス」の方です。

フォニックスを習得すれば、どんな英単語でも初見でスラスラ読むことが可能になります。す。

このような発音プログラムが、日本の英語教育に導入されていないことは、とても残念です。

同様に、習っていない発音記号が、教科書に堂々と記載されている。

これも「学校英語あるある」で、海外から来た人や ALT からすると、不思議に思うことの一つです。

この発音記号こそ、フォニックス同様、マスターすれば世界が変わるメソッドだからです。

イングラムでも、小学生の塾生さんを中心に、フォニックスや発音記号の読み方を教えていますが、頭が柔らかい小学生はかなり習得が早いと感じています。

2. 無敵のリスニング対策とは!

無敵のリスニング習得法。それは上記のフォニックスを実際に使って、発音のレッスンをすることです。

一昔前、スピードラーニングという英語教材が一世を風靡しましたが、あれは全く役に立たない教材だと断言できます。

なぜなら、まず「出す」ことが必要だからです。

最初に、発音のアウトプット・トレーニングを行う必要があります。

自分の口で直接英語の発音の訓練をすることで、その音を脳が認識します。だから、聞き取ることもできるようになります。

漢字の学習も同じです。書ける文字は、全て読めるはずです。

出すこと、つまり書くことができれば、入れること、つまり読むことは容易です。

「出す」ことが先で「入れる」のは、その後です。出せば入ってきます。

この順番を間違えて、聞いてばかり(入れてばかり)いるから、いつまで経っても外国人の話す英語を聞き取ることができないのです。

前述したスピード・ラーニングは、聞くことに主眼を置いているので、入れることばかりで出す機会がないため、脳は英語を受け付けてくれません。

その様な理由で、私が「効果の薄い教材」であると、バッサリ斬り捨てるのです。

皆さんの友人でスピード・ラーニングによって、聞き取りができるようになった、英語を話せるようになったという方が一人でもいますか?

3. 海外の語学学校は、まず最初に何を教えているのか?

ワーキングホリデーや海外留学の際、多くの外国人は語学学校に行き、英語のレッスンを受講します。

語学学校のレッスンで、まず最初に教えているのは、どの国でも「発音」です。

語学学校は、発音のレッスン、つまりは「出す」ことの重要性を分かっているのです。

だから一番最初に、発音のアウトプット・トレーニングを行います。

その後に日常会話のシミュレーションを行います。

リスニングに強くなりたければ、遠回りに見えますが、まず発音のレッスンを行うこと

これがキモです!

リスニングには「発音のレッスン」が不可欠です

4. まとめ

海外の語学学校で、まず最初に教わるのは「発音のレッスン」です。

発音ができれば、英語を聞くことはカンタンです。まずは「出す」ことが肝要です。

イングラムでは、この海外経験から、塾生さんにも発音のレッスンを最初に行っています。

発音のレッスンで、みるみるリスニングの力を付け、次々に英検に合格していきます。

次回は、日本の英文法教育が実は超絶素晴らしい件についてお話しします。

楽しみに待っていて下さい。

関連記事

  1. 「定期テスト」と聞いて、頭が痛くなる中学生に伝えたい、全教科を10点ア…

  2. 【後編】英検は難化しても攻略できる!準2級以上を受験するお子さんのため…

  3. 【続編】原点にして頂点「過去問」は何が凄いのか、その知られざる使い方と…

  4. 「国際化」「グローバル化」という言葉に惑わされた結果、子どもの“英語離…

  5. 日本の英文法教育の素晴らしさを知って欲しい件について

  6. 話題の「やり直し英語、学び直し英語」について、中学英語とは何なのか?