なぜ日本人は英語を苦手とするのか、その本当の理由とは?

1. 永遠のテーマ、なぜ日本人は英語が苦手なのか、その理由

「なぜ日本人は英語を苦手とするのか?」これは私が中学生だった頃から、ずっと問われている永遠のテーマですが、未だに「これ」と言うはっきりした理由を話せる人はいません。

私は海外で働きながら、子育てもしていた経験上、大体その理由が分かっているので、ここに紹介します。

日本人の英語力はなぜ低いのでしょうか?

まず日本人にとって、英語は大変難しい言語であるということ、ここから始めましょう。この事実を直視すると、後に英語の学習速度が加速します。

日本語というのは、言うまでもなく日本で生まれた言語。つまり世界の東端の言葉なのです。それに対して英語というのは、イギリスで生まれた言語。つまり西端の言葉です。

最も東国の言葉と西国の言葉、場所的にこれだけ離れていると、文法も発音も文字も、すべてが違うことになります。 

それを6年という短期間でものにするのは、かなり厳しいでしょう。逆に言うと、6年間の学習で、よくあそこまで持っていけるなと感心します。

この6年間という期間の短さに、あれだけの英単語や英文法、英語の知識を頭に入れるのは、中高生にとって相当な負担です。

よって、多くの生徒は挫折し、英語嫌いになってしまうのです。

※現在は小学校時代から英語を学んでいますが、本格的な英語教育は中1からと考えて書いています。

日本人が英語をしゃべれない理由は何ですか?

では、なぜ7カ国語を話せる人がいるのか?
世の中には、7ヶ国語、8ヶ国語を操る人がいます。

一体どのような勉強をすれば、あれだけ多くの言語を話すことができるのだろうと、不思議な気持ちになります。

しかしこれには、ちゃんとしたカラクリがあるのです。

ヨーロッパの言語は、文字も文法も一緒であり、違うのは発音だけです。しかもその発音もとても似ています。

例えば王者である“Champion”は、英語ではチャンピオンですが、イタリア語ではカンピオーネです。

また、“Jesus Christ”は、英語ではジーザス・クライストですが、イタリア語ではイエス・キリスト。

つまり、英語をローマ字読みにするだけで、イタリア語の発音になります。

同じヨーロッパ大陸から発生した言語なので、全てがそっくりなのです。

日本人は英語が苦手、その理由が分かれば英語が得意になる

日本人は英語に苦手意識を持っている

スペイン語とポルトガル語の違い
具体的に言うと、スペイン語とポルトガル語は、ほぼ同じ言語であることを知っていますか?

分かりやすく言うと、都城弁と大阪弁くらいの違いしかありません。「かなり違うぞ!」という突っ込みはナシで(笑)

要するにスペイン人は、生まれつきポルトガル語が話せるということで、これは言い換えると、2ヶ国語が話せるということです!

さらに言えば、大昔のヨーロッパには「ラテン語」という言語がありました。

このラテン語、今はもう消滅してしまった言語ですが、5つの言語に枝分かれしていきました。

それが先に紹介したスペイン語、ポルトガル語と、イタリア語、フランス語、ギリシア語の5つです。

この5つの言語は、「ラテン語」をルーツに持つ言語なので、文法も発音も文字も、全て同じです。

要するに、この5ヶ国語のどれかを話すことができれば、残り4ヶ国の言語をマスターすることはカンタンです。

英語だけは少し毛色が違いますが、同じ文法で、同じアルファベットを使った言語であるため、習得にかかる時間はさほど多くはないと考えられます。

これこそが7ヶ国語、8ヶ国語を操る人がいる理由の一つです。

上記の5カ国語をカンタンに習得した後、ヨーロッパの他系統の言語、英語やドイツ語を習得すれば、7~8カ国語の習得などそれ程大変なことではありません。

よっぽど、日本人が英語を話す方が凄いと、私は感じています。

また、ヨーロッパのように地続きの国々は、父親がイタリア人で母親がドイツ人の家庭など、あまり珍しくありません。

そうすると、生まれつき2カ国語を話すお子さんが誕生するのです。

2. なぜ日本人は英語が苦手なのか、その理由

英語を話せない日本人、海外の反応は?

これを聞いて「文法体型が日本語にそっくりな言語があるといいのに」と思っている、そこのあなた。

ありますよ、発音も文法も同じ言語。それが「韓国語」です。

韓国語を学んだ方は、口を揃えて「英語より、かなり簡単だった」と言います。それは上に記したように、文法も発音も日本語にそっくりだからです。

おそらく日本語と韓国語は、ルーツが同じなのでしょう。

逆に言うと、ルーツのまったく異なる言語を短期間で習得しようとすると、大きな負担がかかります。

なぜ日本人は英語が苦手なのか、理由の総括

このように、日本人の中高生が英語を習得するというのは、実はとても大変なことです。

しかし「発音も文法も文字も違う言語を短期間で習得する」という問題を解決する方法があります。

次回の記事から、その解決法について、少しずつお話ししていきます。

イングラムでは、その解決法を伝えながら、レッスンを進めていますので、塾生さんの多くは、短期間で英検に合格していくのです。

彼らには、私の海外生活で得た英語習得法のすべてを伝えています。

それでは次回を、楽しみに待っていてください。 

関連記事
【英語脳の作り方】英語の成績が急上昇する中高生に見られる、ある特徴とは?
英語のリスニングが急上昇する勉強法「シャドーイング」とは何なのか?
早期英語教育のメリット・デメリット、英語は何歳から始めるべきか?

関連記事

  1. 英語のリスニングが急上昇する勉強法「シャドーイング」とは何なのか?

  2. 英検準2級のライティング、Eメール問題はどこまで難化したのか、練習問題…

  3. 英語を聞き取る、中学生のための無敵のリスニング勉強法

  4. 英検の過去問のやり方、使い方を徹底解説。世界一優れた教材、過去問の凄さ…

  5. 【続編】中学生の定期テストを、過去問で解決する塾。原点にして頂点「過去…

  6. 高校受験が終わったら、入学前にすること 英語の学習3選!