なぜ都城市の中学生は、英語が苦手な傾向にあり、学習塾を必要としているのか?

都城や三股の中学生は、総じて英語が苦手な傾向にあると聞きます。

小学校で英語が正式な教科になったため、英語学習が本格的に始まりましたが、小学生のほとんどが、英語に苦しんでいるというお話を耳にします。

また中学生も同様に、英語を苦手にしているという相談を受けます。

しかし不思議です。なぜ英語の盛んな都城や三股のお子さんが、英語を苦手としているのでしょう。

今回、この理由と対策について、私の考えをお話しします。

1. 都城市の学習塾に、中学生が多く通う理由

都城と三股の中学校に共通する、ある地域性
都城は、私が子どもの頃から伝統的にスポーツが盛んな地域柄です。

薩摩藩の流れを汲む武士道の名残りで文武両道、とりわけスポーツに力を入れる傾向にあります。

お隣の三股町は、さらにこの傾向が強く、スポーツに熱心なのは宮崎県内でも有名です。

三股中学校には伝統的に、強いチームを作る、優れた指導者の先生が来られると聞きます。

都城の塾は、中学生から行くものだと思われている

英語は別世界の習い事と思われている
スポーツが盛んな地域で「英語」と言っても、あまり響かないでしょう。

いくらグローバル化と言えども、習得に時間が掛かる英語は、感情が入りにくい習い事でもあります。

私が親でも、我が子が野球やサッカーをやっている方が応援しやすく、感情移入しやすいと思います。

小学生時代はスポーツをやって、心技体を鍛えるという考えが強いのも、この地域の特徴と言えるでしょう。

習い事で「英語」と言ったら、お金持ちのお子さんが通うような、別世界のように思われている節があります。

英語は、自分たちには縁のない世界。そう思われている親御さんやお子さんが多いのが、この地域の特徴でもあります。

スポーツに熱中する、それは素晴らしいことです
長期的に考えれば、スポーツで人間性を養うというのは素晴らしいことだと思います。

スポーツには、人間教育の全てが詰まっています。

諦めないこと、ベストを尽くすこと、協力すること、交友関係や上下関係の大切さ、全てを学べるのがスポーツです。

ただ、厳しいことを言うようですが、高校入試や大学入試は、そのほとんどが「学力」で決まるという現実があります。

この現実を無視して、スポーツが全てという毎日を送っていると・・・どうなるか、もうお分かりですね。

やはり、勉強とスポーツはそのバランスが大切です。

勉強とスポーツは、バランスがキモとなります

2. 都城市の学習塾、中学生はいつから通う?

中学校の塾はいつから通えばいいですか?

スポーツと勉強(英語)を両立する、両方を滞りなくやるというのは、小学生にとって永遠のテーマだと思います。

まだ体のできていない、体力が伴わない小学生に両立を要求するのは、少し酷な気もします。

しかし、スイミングと英語を両立しているお子さんがおられることも事実です。

ここは小学生時代に体力と学力を両取りして、中学校以降を楽にするという考えもアリです。

純日本空間、都城の英語に対する意識
都城という地域は、あまり英語が必要とされない環境にあります。

学校の転校生にほとんど外国人がおらず、日常的にも外国人と触れ合う機会がない環境にいます。

これで「英語は将来必要だから」と言っても、あまりピンとこないのが実情です。

この環境では、お子さんの英語に対する意識もなかなか高まりにくいです。

一方、都心部の学校では毎学期のように外国人労働者のお子さんが転入出を繰り返しており、街にも外国人が溢れています。

日本は、住みやすく安全で便利な国No.1です。都心部では、多くの外国人を目にする機会が圧倒的に増えています。

当然、英語を話す機会も地方都市の数十倍になりますので、語学に対する意識が高まる傾向にあると言えるでしょう。

都城で成績が上がる塾

意識と環境、この2つが全てです
当アカデミーにお子さんを連れて来られる親御さんに最も多いのが「私が子どもの頃、英語で苦労したから」という方がダントツです。

やはり英語で苦労された方というのは、身に染みてその必要性を感じておられるので、行動に移されるものです。

英語は「やらなければ」という意識と、ライバルがいる環境が全てです。

この2つが揃った時、中学生の英語力は爆発的に伸びます。

頭が柔らかい、吸収力のある時期なので、とんでもない勢いで伸びます。ビックリするような伸びを見せる中学生の塾生さんもいます。

私は塾の教室内に、この「意識」と「環境」の2つを、常に揃えるようにしています。

そうすることによって、中学生の英語力が爆伸びするからです。

3. まとめ

都城市の学習塾と中学生の関係について

英語は、誰でもカンタンに習えます
「英語」は、お金持ちのお子さんが通うような、別世界の習い事ではありません。

誰でも一般庶民が通える、普通の習い事です。というより、私がそうします!

いつでも、誰でも、手頃なお月謝で、手軽に通える英語塾、それがイングラムです。

場所的にも「ハーティーながやま」や「トライアル」のすぐ近くにありますので、買い物のついでに送迎ができます。

「敷居が高い」「お値段が高い」「送迎が大変」「英語は難しい」という、考えられる全ての死角をなくした英語塾が「あなたの町のイングラム」です(笑)

英検の合格率の高い英語塾でもありますので、一度、買い物のついでにお立ち寄り下さい。

今回は、何だか宣伝のような記事になってしまいましたが、楽しい英語塾なので、ぜひお子さんと遊びに来て下さい。

関連記事

  1. 都城、小学生の英語

    小学校英語の必修化により、英語好きの小学生が激減、小学校で今何が起こっ…

  2. 都城市にある英会話教室が保護者に伝えたい「なぜ小学生に塾が必要なのか」…

  3. 英検3級のライティング、Eメール問題のコツと解答例を紹介、リニューアル…

  4. 都城の英会話スクールの選び方、子供や幼児向け英会話を選ぶ時に、欠かして…

  5. 早期英語教育のメリット・デメリット、英語は何歳から始めるべきか?

  6. なぜ、小学生クラスが使用する英語の教科書は、10年落ちのNew Hor…