英語のリスニングが急上昇する裏技「シャドーイング」とは何なのか?

「リスニングが難しい」「英語が聞き取れない」

リスニングの悩みに頭を痛める中高生が増えています。

英語を聞き取るのは、日本人にとって、永遠のテーマです。

このリスニング対策に、当アカデミーが推薦する最強の攻略法、それがシャドーイングです。

今回、リスニング力を爆揚げする裏技「シャドーイング」について、詳しくお話しします。

1. 英語と日本語では、発音体系が違う

なぜ英語を聞き取るのは、こんなに難しいのか?

結論から言いますと、それは英語と日本語では発音体系が全く違うからです。

イギリスと日本という、遠く離れた2つの国で生まれた言語。それが英語と日本語です。

発音だけではなく、文字も文法も、全てが違います。

英語の発音は、日本語にはない、全く違う発音体系なので、聞き取ることが難しいのです。

当アカデミーでは、小学生の部に入会されたお子さんには、まず発音のレッスンから始めることにしています。

自分の声で発音レッスンを行えば、その音を脳が認識しますので、聞き取りがカンタンになるのです。

まずは聞いたことのない「音」を、なくす作業から始めます。

実は海外の語学学校でも、留学生に対して、最初に行うのは「発音のレッスン」です。

英語圏の人達は知っているのです。発音が聞き取りのキモになるということを。

参考:外国人の話す英語を聞き取る、無敵のリスニング習得法

2. リスニングの前に、リーディング

そしてリーディング力、つまり英文を「読む力」を向上させる必要があります。

リスニングが苦手な生徒さんは、おしなべてリーディングも苦手な傾向にあります。

リスニングとは、「耳で聞くリーディング」です。

よって、ある程度のリーディング能力がないと、リスニングにも対応できません。

発音を聞き分ける耳と、リーディング能力、この2つが備わって、はじめてリスニングができるようになるのです。

3. 最後の手段、シャドーイング

しかし、「そうは言っても、今から発音のレッスンなんて・・・」と困っている、そこのあなた。

そんなあなたに朗報です。

当アカデミーが推薦している「切り札」シャドーイングについて、お話しします。

そもそもシャドーイングとは、読んで字のごとく「影」になることです。影は、実態と全く同じ動きをします。

つまり、リスニングの音声を流しながら、原稿となる英文を一緒に読み進め、脳を英語の発音とスピードに慣らしていく手法です。

元々は通訳の訓練法の1つで、発音だけでなくリズム、イントネーション、音の区切り、強弱などを改善して、より伝わりやすい英語を身に付けるためのトレーニング法でした。

しかしシャドーイングの副産物として、聞き取り能力が圧倒的に上がったという方が大勢いたため、リスニング学習の切り札として脚光を浴びるようになりました。

このシャドーイングの効果は絶大で、まさしく「裏技」にふさわしい最終手段です。

極めて短時間に、英語を聞き取る力を身に付けることができます。

最後の手段、それは「シャドーイング」

4. シャドーイングのやり方

まずは、リスニングの原稿を準備して下さい。

リスニングの原稿を「スクリプト」といいます。

英検のリスニング原稿なら、英検公式サイトで、過去問と一緒にダウンロードできます。

また書店で過去問を購入すれば、スクリプトは付いてきます。

リスニングの音声を流しながら、こちらを一緒に読んでいくのです。

文字通り「影」のように、同じ発音、同じスピードで読んでいきます

そうすると、脳が英語の音声に慣れてきて、だんだんと英語が聞き取れるようになるのです。

5. 大切なのは、同じリスニング問題を「繰り返す」こと

リスニング問題は、同じものを数回繰り返して下さい。

少なくとも3回は繰り返して下さい。

次々と他の問題に進んではいけません。

なぜなら、シャドーイングの目的は、脳を英語の発音に慣らすことにあるからです。

そのためには、進化ではなく「深化」する必要性があります。

同じスクリプトを最低3回は繰り返して、英文の音声をしっかりと脳で捉える必要があります。

それが、他のリスニング問題を解く際にも、必ず生きてきます。

6. TOEICのリスニング対策だった、シャドーイング

このシャドーング、元々はTOEICで主流のリスニング対策でした。

しかし現在では、英検や共通テスト対策としても、注目を集めています。

この方法は確かに理に叶っており、死角がありません。

現時点で考えられる、最強のリスニング対策であると断言できます。

だからシャドーイングは、TOEICの世界でメジャーになったのです。

就職戦線を勝ち抜かねばならない大学の英語界では、TOEICのスコアを上げることは必然です。

そんな厳しい世界から生まれたリスニング対策なので、これを英検対策に持って来ても、効果は絶大です。

全てのリスニングに有効なシャドーイング

7. まとめ

リスニング対策として、最強の「裏技」シャドーイング。

スクリプトを準備して、リスニングの音声を聞きながら、同時読みする。

これだけのことですが、英語界には「大切なことはシンプル」という法則があります。

このメソッドを1ヶ月間だけ、繰り返してみて下さい。

信じて続ければ、凄い効果があることを保証します。

関連記事

  1. 「英語脳」とは何なのか? 英語の成績が急上昇する子どもに見られる、ある…

  2. 高校に進学したら、4月にやっておくべき英語の学習とは何か?

  3. なぜ日本人は英語が話せないのか?都城人は英語が苦手なのか?

  4. 【後編】リーディング力を爆上げするシークレット、英検準1級をも突破する…

  5. 【神回】高校英語のベーシック、五文型ってホントに必要なの?

  6. 泉ヶ丘と都城西高の英語は何が違うのか?教科書から見える、視点の違いとは…