2024年・英検3級の難化するライティングを完全対策、リニューアルした問題形式を徹底攻略!

英検3級と聞くと、英作文(ライティング)があるから難しいと、多くの中高生が感じています。

しかも2024年から英作文が難化すると、公式に発表されているため、多くの中高生は怯えています。

しかしそれは逆で、英作文があるから、合格がよりカンタンになるのです。

当アカデミーには、英検3級の英作文を確実に攻略できる、秘密の英作文攻略法があります。

今回、その攻略法の内容について、詳しくお話しします。

最初に申しておきますが、英作文ほどカンタンなものはありません。ライティングほど攻略が楽なものはないのです。

以上のことを頭に入れて、この記事を読んでいただけると幸いです。

1. 英検3級最大の関門、英作文(ライティング)

英検3級からが本当の英検だ!」そう声を大にして言われる方がおられます。

その理由は2つ、英検3級から英作文のライティングテストが始まり、2次試験の英語面接もスタートするからです。

お子さんも「さすがにこれは大変になるぞ」と思われているはずです。

しかし、それは全くの逆であり、英作文があるから3級はカンタンに合格することができるのです。

2. 実は英検3級の合格は、4級よりカンタン?

私はいつも塾生に「3級の合格は、4級よりカンタン」と言っています。

最初は疑わしそうに聞いていた彼等も、私の説明を聞くと、次第に納得していきます。

実は英検3級の合格は、4級よりカンタンです。

その理由と、ライティングの対策について、これからお話しします。

英検3級の合格は、実は4級よりカンタン!?

3. 英検3級の英作文は、全体の34%の配点を占める

英検3級の英作文、ライティングの配点は、全体の3分の1、つまりは34%を占めています。

これだけ1問の配点が大きいと、英作文を落としたら、取り返しが付かないほどの大きなダメージを受けます。

皆さんそう考えて、緊張するのですが、私の考えは全く逆です。

この英作文さえ攻略すれば、労せずして34%が手に入ります。

英検の合格ラインは、60%です。

つまり、英作文をしっかりと書くだけで、半分以上ものスコアをゲットできるので、リーディングとリスニングを失敗しても、お釣りが来るのです。

こんな美味しい話があって良いものでしょうか。

4. 攻略はカンタンなのに配点は大きい、それが英作文

「そうは言っても、英作文で34%を取得するなんて、そう簡単にはできないよ」そんな声が聞こえてきます。

しかし、それができるんです!

これまでに当アカデミーの塾生は何十人もライティングで点数を稼いで、英検3級に合格してきました。

英検3級の英作文、それを一言で表すと「攻略はカンタンなのに配点が大きい」分野です。

現在の英検が「ライティング・ゲーム」と言われる所以(ゆえん)です

攻略はカンタンで配点は大きい英作文、これはやるべきです!

5. 英検3級英作文(ライティング)の攻略法とは?

それではいよいよ、英検3級英作文の攻略法についてお話しします。

それは「テンプレート」を使用することです。テンプレートとは「雛形(ひながた)」のことです。

お子さんがやることは、英作文の模範文面の( )内に、必要な単語を当てはめていくだけです。

そうすると、合格のために必要な英作文が勝手に出来上がってしまいます!

6. 英検3級、その合格は目前

あとは2~3本、英作文を実際に書いてみましょう。

過去問を見ながら、英作文を書いてみると良いです。

分かることとできることは違いますので、実際に体感することが必要となります。

何よりも経験が大切です。

7. 英作文(ライティング)のテンプレートを特別に公開します

「そのテンプレート見たいです!」

そう言うと思ってました(笑)

当アカデミーのシークレットをそう簡単に教えるわけにはいきませんが、今回に限り、特別に公開させていただきます。

それでは、こちらをご覧ください。

~英検3級英作文のテンプレート~

まず、3級の英作文は、結論→ 理由1→ 理由2の順番で書くことがキモです。

  1. 結論      I like ~ the best.
  2. 理由 その1  Because I ~(なぜならば)
  3. 理由 その2  Also, I ~  (また、私は)

こんな感じです。

また以下に例文を2つ公開しますので、上のテンプレートと合わせながら読んで下さい。

問題1
What is your favorite season?
あなたの大好きな季節は何ですか?

回答1)
I like summer the best.
Because I
like to swim in the pool.
Also, I
want to go fishing with my family.

私は夏が一番好きです。
なぜなら、私はプールで泳ぐことが好きだからです。
また、私は家族で釣りに行きたいです。

問題2
What do you want to be in the future?
あなたは将来、何になりたいですか?

回答2)
I want to be an English teacher.
Because I
like to study English very much.
Also, I
want to speak English with my students.

私は英語の先生になりたいです。
なぜなら、私は英語を勉強することが好きだからです。
また、私は生徒と一緒に英語を話したいです。

※理由の英文は全て、I want to 動詞の原型、または I like to 動詞の原型で書くと良いです。

8. 2024年度からリニューアルする、新英作文の攻略法

上記の問題に加えて、2024年からは更にもう1問、Eメール問題が追加されます。

英検協会から発行されているサンプル問題を見てみましょう。以下に示します。

———————————-

3級ライティング(Eメール問題)

●あなたは、外国人の友人(James)から、以下のEメールを受け取りました。Eメールを読み、それに対する返信メールを英文で書きなさい。

●あなたが書く返信メールの中で、友人(James)からの2つの質問(下線部)に対する内容を、あなた自身で自由に考えて答えなさい。

●あなたが書く返信メールの中で、書く英文の語数の目安は15~25語です。

Hi!
Thank you for your e-mail.
I heard that you went to your friend’s party.
I want to know more about it.
How many people were at the party?
And how was the food?
Your friend,
James

———————————-

Hi, James!
Thank you for your e-mail.

解答欄に記入しなさい。

Best wishes,

———————————-

さあ、あなたはどう答えますか?

まずは、Jamesからのメール和訳を見てみましょう。

こんにちは!
メールありがとう。
あなたは友達のパーティーに行ったそうです。
もっと詳しく知りたいです。
パーティーには何人いましたか?
そして食べ物はどうでしたか?

あなたの友達、
ジェームス


この中で質問は以下の2つです。
①パーティーには何人いましたか?
②そして食べ物はどうでしたか?


よって、①の回答例は
There were seven people at the party.
I met nine people at the party.

②の回答例は
It was very tasty. I have some cake.
I think it was very delicious and I ate some Sushi.

などが良いでしょう。

3級の質問については、It is ~ . または、There are ~ で答えると良いです。
I think that ~ を使っても結構です。

また語数を稼ぎたい場合には、最後の方に何を食べたか、誰と会ったかなど、具体的な内容を書いて文章を膨らませる必要があります。

この場合、I have some cake.I ate some Sushi.となります。

I met a sexy girl at the party. などを足して、文字数を稼いでも良いです(笑)

9. まとめ

いかがだったでしょうか。英検3級の英作文を突破する「秘密のテンプレート」は?

「こんなカンタンなことだったんですか?」と驚かれそうですが、いつの世も大切なことはシンプルです。

シンプルなことに徹すれば、おのずと合格は見えてきます。

あなたが、こちらのテンプレートを使って、英検3級に合格されることを楽しみに待っています。

関連記事

  1. 祝吉小学校区にある英語塾が保護者に伝えたい「なぜ小学生に塾が必要なのか…

  2. 【前編】英検に合格する5つのシークレット!なぜ町外れにある小さな英語塾…

  3. 都城のお子さんが留学すると英語の成績が急上昇する、それは本当か?

  4. 小学生が英語を勉強する時、英文法はどこまでやればよいのか?

  5. 小学生の英語で必ずやるべき、発音のベーシック「フォニックス」とは、何な…

  6. なぜ、都城や三股の小学生は、英語が苦手な傾向にあり、塾を必要としている…