【英語塾の選び方】都城で小学生向けの英語塾を選ぶ時に、欠かしてはならない3つのこと

小学生のお子さんを英語塾に通わせたい。そうおっしゃる親御さんは数多くいます。

しかし問題は「どの英語塾が良いのか?」「どのようにして英語塾を選んだら良いのか?」ということです。

つまり、英語塾を選ぶ基準がよく分からない、という悩みに頭を痛めておられるのです。

今回、私の実体験を踏まえながら、この悩みの解決策について紐解いていきます。

    1. 最も大切なのは、体験学習に行くこと

    まず、最も大切なことからお話しします。

    どんなことがあっても「体験学習」は必ず行かれて下さい。実際にその塾の雰囲気や先生の人柄を見る機会が必要です。

    また、体験学習は2つ以上の英語塾に行かれて、良かった点、思わしくなかった点を見比べる必要があります。

    2つ以上の塾を回ると、判断の基準が明確になってきます。

    2. 英語塾の実績を見る

    体験学習中に塾の雰囲気だけでなく、さりげなく塾の実績を確認すると良いでしょう。

    例えば、英検やTOEICに何人合格した、〇〇高校への合格実績などです。

    何年間も塾を運営しているということは、それなりの実績を持っていることを意味しています。

    その実績がどのようなものかを確認して、判断の材料するのです。

    3. 最後は教える先生の人柄

    お子さんに英語を教える先生の人柄、実はこれこそが最も大切なファクターです。

    英語に対する「情熱」、お子さんに対する「愛情」、これは先生の話し方で大体分かります。

    また特に女の子は、先生との相性が大事です。

    「優しい先生じゃないとイヤだ」という生徒さんがいれば、「厳しい先生の方が合う」というお子さんまで十人十色です。

    先生の人柄は、必ず確かめた後に入塾を決められることをオススメします。

    実際に体験学習で判断して下さい

    4. 英語塾の判断基準が「何となく」、このツケは大きいです

    以上の3つが揃って、初めて入塾を検討するべきだと考えます。

    実は、ウチのアカデミーに来られた小学生の中には、信じられないような英語塾に通っていた生徒さんが数名おられました。

    以下は実際にウチの塾生さんが経験した実話であり、本当のお話ですので、心して聞いて下さい。

    ①入会金が数十万円!

    ②2年間通ったのに、ABCのアルファベットが最後まで書けない

    ③レッスンは英語の歌とダンス、運動が中心

    当然、お子さんは英文法など全く分からない状態です。親御さんもさすがに不信感を抱いて「このままで本当に大丈夫なのだろうか?」と、私の所に相談に来られました。

    しかし正直、私もこれには驚きました。

    親御さんも嘆いておられ「私たちが英語のことを何も知らないと思って、いい加減なレッスンばかりしている」と怒り心頭のご様子でした。

    この時、やはり英語塾を選ぶ判断基準を明確にして、都城の保護者に紹介する必要があると肌で感じました。

    5. 英語塾最後の判断基準、「直感」も大切!

    私は何も、うちのアカデミーに来て下さいと言っているわけではありません。

    お子さんにとって、自分のフィーリングに合った教室を選んで、納得した英語ライフを送って欲しいことを願うだけです。

    やり直しの効かない小学生時代なので、ぜひ良い英語塾を選んであげて下さい。

    その際、「親御さんの直感」も必要になってきます。実は人間の直感ほど正確なものはありません。

    直感的に「何かおかしいな」と思ったら、疑ってみることが必要です。

    お子さんの未来が掛かっているのですから、後悔がないように英語塾をお選び下さい。

    6. 英語塾には、具体的に要求を出して下さい

    入会する英語塾を決めたら、やんわりと先生に要求を出してみるのも良い方法です。

    「今年中に英検に合格させて欲しい」

    「中学校に進学するまでに、英検に合格したい」などです。

    あまり大きな目標を掲げても大変ですが、英語学習の基礎を学びたいというお気持ちがあれば、「英検の合格」を目標にするのは良い考えです。

    日本で最もスタンダードな英語の試験、それは「英検」です。

    こちらの合格を目標にすれば、まず間違いはありません。

    7. まとめ

    今回、小学生のお子さんが英語塾を選ぶ際に必要な、3つの基準についてお話ししました。

    ①体験学習に行く
    ②英語塾の実績を確認する
    ③先生の人柄を見る

    そして、ご自分の直感を大切にされることです。

    お子さんの未来が掛かった大切な「体験学習」ですので、その際に色々なことを質問したり確認しておくのは良いことです。

    また、上記の①~③を比較しながら検討すると、頭がクリアになります。

    お子さんにとって大切な、英語との出会いですので、慎重に選んで欲しいと心から願っています。

    関連記事

    1. 小学校の英語教育が失った大切なもの・・・あまりに大きかった教科化・必修…

    2. 6年生が中学校に入学する前に、やっておくべき英語の学習とは?

    3. 英語は何歳からはじめるべきか、英語の早期教育は本当に効果があるのか?

    4. 小学生が英語を自宅で学習するとき、最も大切にすべきこと3選

    5. 【前編】英検に合格する5つのシークレット!なぜ町外れにある小さな英語塾…

    6. 三股西小学校の近くにある英語塾が、小学生に教えている、大切な英語のベー…