なぜ、多くの単語帳は「名詞と動詞」で占められているのか?

英検準2級を受験する頃から、単語帳を使用する機会が増えてきます。

初の単語帳を手にして、「よし、頑張るぞ!」と気合いが入っているのではないでしょうか。

この単語帳をよく見ると分かりますが、7~8割が「名詞と動詞」で占められています。

一体なぜ、多くの単語帳はこの2つで占められているのでしょうか?

今回は単語帳の謎、第3弾です。

単語帳の多くを占める、名詞と動詞の謎について、詳しくお話しします。

1.なぜ単語帳の7~8割は「名詞と動詞」で占められているのか

結論から言いますと、五文型のS+Vの部分が、名詞と動詞だからです。

以下をご覧ください。

第1文型 SV
第2文型 SV / C
第3文型 SV / O
第4文型 SV / O / O
第5文型 SV / O / C

英文には5つの型しかありませんので、その型は「五文型」という呼び名になっています。

上記を見ると、そのほとんどが主語Sと述語Vで占められているのがお分かりだと思います。

その数10/16で、単純計算でも62%を占めています。

2.どうして名詞と動詞が大切なのか?

英文は、名詞と動詞で80%が占められていると言われています。

私が推薦する単語帳のパス単とキクタンですが、パス単は最初が動詞で次が名詞となっています。

そして一方のキクタンも、最初が名詞、次が動詞で構成されています。

英語の文頭はS+V、つまりは「主語(誰が)」「述語(何をするのか)」が一番最初に来ます。

大切なのはここからです!

大体の主語(S)は、名詞と代名詞です。

そして次の述語(V)は、動詞オンリーとなります。

つまり名詞と動詞は、英文の主要な部分を占有している、大切なファクターなのです。

大切なのは名詞と動詞

3.単語帳、残りの3割は?

名詞と動詞が単語帳の7割としましょう。

残りの3割は、形容詞と副詞です。

しかしこの形容詞と副詞は、頻出率が低い上に、覚えるのが難しいものばかりです。

そこで、英検の本番までに2~3日という生徒さんには「まずは割り切って、名詞と動詞だけを覚えて下さい。」そうアドバイスしています。

理想は1ヶ月掛けて、じっくり全ての英単語を覚えていくことですが、忙しい高校生や受験生は、そうも言っていられません。

そこで英単語を2つのブロックに分けて、まずは「名詞と動詞」を覚える。

余裕ができたら「形容詞と副詞」という具合に、ブロックごとに攻略していくと良いでしょう。

いきなり単語帳を渡して「これを全部覚えなさい」では、頭が混乱します。

「名詞と動詞」「形容詞と副詞」この2ステップ攻略で、英単語を覚えていくと良いです。

参考:【英単語暗記術】語彙力があれば何でもできる、英単語を1日300個覚える秘密の方法とは

4.まとめ

現代のお子さんはとても多忙で、部活に課外、生徒会に通学と、やるべき事が沢山あり過ぎます。

また私たちが高校生だった頃に比べて、英語の難易度もかなり上がっています。

この上、英単語を沢山覚えなくてはならなくなると、結構な負担です。

そこで上記の参考記事、英単語暗記術に加えて、「2ステップ攻略術」をお話ししました。

あまり無理をせず、じっくり英単語に向き合ってもらえれば、幸いです。

関連記事

  1. 【神回】高校英語のベーシック、五文型ってホントに必要なの?

  2. 【後編】英検は難化しても攻略できる!準2級以上を受験するお子さんのため…

  3. 【英検外伝】英検と旺文社の不思議な関係、なぜ英検に関する書籍のほとんど…

  4. なぜ、小学生クラスが使用する英語テキストは、10年落ちのNew Hor…

  5. 【2次面接】英検2次試験の英語面接を突破するために必要な3つのシークレ…

  6. 都城のお子さんが留学すると英語の成績が急上昇する、それは本当か?