早すぎた単語帳「キクタン」は何が凄いのか?

多くの単語帳が書店に並んでおり、どれを選ぶかで迷ってしまいます。

結論から言うと、どれを選んでもハズレはないというのが私の持論です。現代の単語帳は、どれも優れたものばかりだからです。

しかし「最も推薦する単語帳を1つだけ選んで下さい」と言われたら、私は迷わずに“キクタン”と答えます。

パス単やシス単が全盛の今、なぜマイナーなキクタンを推すのか?

今回は早すぎた名著、キクタンの優れた点についてお話しします。

参考:【英単語暗記術】語彙力があれば何でもできる、英単語を1日300個覚える秘密の方法とは

1. 英単語がでる順に表示されている

英単語が頻出順、つまり出る順に表示されているというのが、一つ目のポイントです。

英単語を覚えた順が、テストに出る順なので、モチベーションを保ちながら、英単語に触れることができます。

またこのシステムなら、どこに力を入れて覚えるべきかが、一目瞭然です。当然、最初の方です。

パス単でも「でる度A」「でる度B」と区切られていますので、この表示法を採用する単語帳は、お子さんに優しい作りであると感じています。

2. 単語数1,000個とコンパクトにまとめられている

キクタンは、全単語数を1,000語以内に上手くまとめています。

覚える側としては、短期間に英単語を覚えることができるので、モチベーションを維持することができます。

しかもこの1,000語が、テストによく出る単語ばかりです。

試験に出る英単語を、データから抽出しているだけあって、頻出率はかなり高いものがあります。

このコンパクトさ、手軽さは、現代の忙しい受験生に合っています。

出る順でコンパクト、キクタンは使いやすい単語帳です

3. 最も見やすい単語帳

キクタンを推す理由は、他にもまだあります。それは「見やすさ」です。

見にくい単語帳が多い中、キクタンはその見やすさにアドバンテージがあります。

英単語が1ページ8等分に表示されていますので、目が疲れません。

しかも英単語別にちゃんと色分けがされており、区別もしやすくなっています。

単語帳は毎日見るものなので、見やすさは地味に大切なファクターです。

逆に見にくい単語帳の筆頭が「シス単」と「DataBase4500」です。

内容は優れているのですが、その見にくさのために目が疲れてしまいます。こちらが残念な点です。

4. システム別に単語帳が用意されている

キクタンが素晴らしいのは、システム別に単語帳が用意されている点です。

英検2級用、英検1級用、TOEIC用など、用途に合わせて単語帳が準備されています。

ここまで細分化されていると、自分が受験したいテスト用の単語帳をすぐに見つけることができます。

キクタンは、日本でも珍しいシステム別単語帳と言ってよく、これなら自分にとって必要な単語だけを手軽に学習することができます。

5. チャンツで覚えられる画期的なメソッド

そしてこれが、キクタンの最大の特徴なのですが、英単語をチャンツ、要するに音楽の歌詞として覚えることができます。

チャンツとは音楽に合わせて英単語を口ずさむ方法で、記憶の定着を図るメソッドです。

リズムに乗って楽しく英単語を覚えられるので、子どもの英語教材に採用されることが多々あります。

こちらのメソッドを単語帳で初めて導入したのがキクタンです。

耳で聞いて覚えられるから「キクタン」なのです。

チャンツで「歌詞」として覚えることができる

6. 歌詞ならカンタンに覚えることができる

詩の暗唱はさっぱり苦手でも、音楽の歌詞なら、すぐに覚えてしまう。

そういう経験は誰にでもあると思います。

人は音楽に乗せて、歌詞として覚えると、長いものでもすぐに覚えてしまうものです。

人間の脳の特性を利用した学習法がチャンツであり、それを採用したのがキクタンです。

これなら通学の途中など、隙間時間に音声を聞きながら、英単語を覚えることができます。

時間を無駄にしませんし、エネルギーも必要ありません。

まさに画期的な方法であると感じています。

参考:私の愛した単語帳、不可能を可能にする最強のアイテム(英検、共通テスト対策)

7. まとめ

今は「パス単」や「シス単」全盛の時代です。

キクタンをメインで使用する生徒さんは、あまり見掛けません。

しかしこの単語帳の持つ、使いやすさや覚えやすさは、かなりのものです。

試験に出やすく覚えやすい」という、単語帳の基本原則をしっかり押さえています。

単語帳をどれにするか迷っているなら、私は「キクタン」を推します。

早すぎた名著、キクタン。先進的すぎるが故に理解されなかった、不遇の単語帳。

興味のある方は、一度、使ってみて下さい。その素晴らしさに手放せなくなりますから。

関連記事

  1. 【初公開】最強の暗記術、暗記教科をカンタンに克服する知られざる方法とは…

  2. 「国際化」「グローバル化」という言葉に惑わされた結果、子どもの“英語離…

  3. 英検2級の難化傾向に高校生が苦しんでいる件とそのライティング対策につい…

  4. 英検はいつ、何級を受験したらよいか。小学生が受験しても大丈夫なのか?

  5. 英語界永遠のテーマ、得意なことを伸ばすか、苦手なことを克服するか

  6. 2024年英検がリニューアル、難化する準2級のライティングはどう変わる…