6年生が中学校に入学する前に、やっておくべき英語の学習とは?

もうすぐ小学校を卒業される6年生、中学校から本格的に始まる英語の授業に対して、不安を持っている生徒さんも多いようです。

今のうちから英語の予習を進めておきたいという熱心なお子さんもおられます。

今回は、小6のお子さんが3月中にやっておくべき英語の内容についてお話しします。

1. 小学校の卒業まで、あと少し

今、中学校への入学を目前に控え、緊張しているお子さんが多数いらっしゃいます。

進学に対して、かなり不安を抱えているようです。

勉強は難しくなる、競争社会になり成績に順番が出る、部活動は始まる、先生の生活指導は厳しくなる・・・

その悩み事の1つに、5教科の中で最も攻略が難しいといわれる英語、これをどうやって克服するかが挙げられます。

入学までに、英語の予習など何をやっておけばよいのか?

今回は中学校の入学までに、やっておくべき3つの英語学習について、お話しします。

2. 中学校入学前にやっておくべき英語の学習3選

これは、以下の3つをオススメします。

①英語の全復習(英単語)

②英語の全復習(教科書の英文)

③英検の初受験に向けての準備(英検の過去問)

ちなみに③は、英検5級の過去問をやると良いでしょう。英検のウェブサイトにアクセスすると、過去問がダウンロードできます。

「英検 5級 過去問」で検索して下さい。

はじめての英検に対して今、自分はどの位置にいるのか。答え合わせをすれば、これを数値で知ることができます。

3. 誘惑の多い、この時期の英語学習は大変です

今、小学校に対する惜別の思いから、友達や後輩と遊んでおきたいという衝動に駆られることが多くなります。

卒業式の他にも、学校やクラブ、地域のお別れ会が目白押しですので、お子さんはちょっとした開放感に浸ることになるでしょう。

「勉強は中学校に入学してからでいいかな」

「今は友達と一緒に遊びたい」

その気持ちは、私もよく分かりますので、別に止めはしません。

しかし塾生の皆さんには、入学後のことを考えて、この時期は特に英語のレッスンに力を入れています。

季候も暖かくなりますし、忙しい行事がなく、落ち着いて過ごすことのできる良い時期なので、ここは勝負所と踏んでいます。

3月春のレッスンで中学英語の予習をカンタンに行い、全てを準備万端にして、中学校に送り出すつもりでいます。

入学前、皆が休んでいる今がチャンス!

4. あまり気持ちを入れすぎず、毎日やると良いです

「中学生になったら、英語でトップを取る」「今こそ、英語を極める時」

その意気込みは素晴らしいのですが、小学校で習った英語の量はそう多くはありません。だから、復習もそれほど時間が掛かるものではないでしょう。

あまり前のめりにならず、しかし緊張感は抜かず、淡々と学習を進めて下さい。

目安は、一日30~60分です。

毎日やると、頭が英語脳になってきます。少ない時間でいいので、できるだけ毎日取り組むという習慣が必要です。

それだけでも中学校に進学した後、周りとのスタート地点が違ってきます。

お子さんだけが別世界、自分だけフライング状態です。

しかしスポーツと違って、英語はフライングで失格になることはありません(笑)

ぜひこの3月、周りに差を付けて、来たるべき中学生活に備えましょう。

5. まとめ

まとめると中学校入学前にやっておくべき英語の学習で、オススメなものは

①英単語の復習

②教科書にある英文の復習

③英検の初受験に向けての準備(過去問)

こちらの3つです。

腕に自信のある生徒さんは目標を確認するため、一度でもいいので、英検の過去問を解かれることをオススメします。

うまくいかなくても大丈夫、まだ小学生ですから。

お子さんの現在地が分かるだけでも、大きな前進です。

6. 新中学生のためにイングラムが取り組んでいること

イングラムではこれからの時期、新入生のための英語レッスンを行い、3月中に英語脳を中学生バージョンへとシフトしていきます。

私の経験上、長年通った小学校、慣れ親しんだ学び舎を離れるのは、やはり寂しいものです。

物心付いた時から自分がいた小学校を卒業して、見知らぬ世界へと旅立つのは、勇気がいります。

期待よりも不安が大きな数ヶ月間になるでしょう。

そんな時、お子さんを助けてくれるのは、揺るぎない学力です。

特に英語は大きいと言えます。英語が中学校からメインの教科になり、その攻略も難しいからです。

3年間、高校入試まで続く、長い旅を乗り切るのは大変です。

しかし、そのスタートを気持ちよく切ることができたら、これほど安心できることはありません。

私のアドバイスがお子さんの新たなスタートに役立ってくれたら幸いです。

真新しい制服に身を包み、笑顔で校門をくぐる、そんなお子さんの笑顔を想像しながらペンを置きます。

関連記事

  1. 小学校の英語教育が失った大切なもの・・・あまりに大きかった教科化・必修…

  2. 英語は何歳からはじめるべきか、英語の早期教育は本当に効果があるのか?

  3. 都城で、小学生時代から英語を始めて良かったこと3選

  4. 都城の小学生が「英会話をやりたい」と言った時、子供に伝えておきたい1つ…

  5. 小学生の英語で必ずやるべき、発音のベーシック「フォニックス」とは、何な…

  6. 三股西小学校の近くにある英語塾が、小学生に教えている、大切な英語のベー…